歪みチェック

骨盤が歪んでいるのではないかと何となく分かっていても
どうやって骨盤の歪みのチェックをすればよいのでしょうか?
今回はその歪みのチェック方法を挙げておきますね。

簡単なチェック方法その1
眼を閉じて両手を軽く広げて片足立ちします。
左右やってみてください。
例えば左足で立った場合に安定していれば左側の骨盤は正常となる。
ふらふらするようだと骨盤に歪みがある。
ぜひ挑戦してみてくださいね。

簡単なチェック方法その2
仰向けに寝て軽く両足を開き左右の骨盤の一番高いところを測定する。
正常の場合は同じ高さになっているはずで、もし違っていれば
高い方から低いほうに骨盤の歪みが発生している。

簡単なチェック方法その3
太ももと体、膝が90度になるように足上げ運動をしてみましょう。
1分くらい足踏みをしてみてその場所から移動しているようですと、
大腰筋と腸骨筋が弱っていると考えられる。

簡単なチェック方法その4
眼をつむったままで両手を同じ高さになるように開いてください。
両手の人差し指を眼をつむったままくっつけてみましょう。
上下にずれてしまった場合は歪みがあるでしょう。

上記に書かせていただいたのは目安にしかなりませんので、
専門の整体・カイロプラクティックなどに見てもらってくださいね。